たかの友梨で美脚エステ体験する時の基本の流れ

24 5月

エステサロンのたかの友梨では、ダイエットを目的としたコースやニキビケアをしたい人の為のコース、美脚を作り上げるためのコースなど、自分の気になるところに合わせて最適なコースが選べるようになっています。エステサロンの初心者にとってはどういう流れで進んでいくのか気になるのではないでしょうか。

たかの友梨に行った場合の来店してから帰るまでの時間ですが、初めての人だと2時間半から3時間くらいとなっています。通常コースの場合だと1時間半から2時間となっているので、初回よりは早く終わるようになっています。どのコースを選んだ場合でも、たかの友梨の基本的な流れは同じです。

初めて来店した場合は、事前にカルテに記入することになります。予約した時間の10分前くらいには着ておいた方がいいですね。その後で15分ほど事前カウンセリングを行います。体調を聞かれたり、身体についての悩みやどんな自分になりたいかなどを聞かれますので、正直に答えましょう。この時に各コースの説明も行われます。この後でロッカールームで着替えた後にお肌のチェックや採寸を行ってから、一人一人の体や肌質の状態に合わせた施術を行います。この時間はプロのエステティシャンのテクニックを堪能しつつ、ゆっくりとリラックスして過ごしましょう。

一通りのコースメニューが終わった後は着替えやサイドの採寸やスキンチェックをします。施術前とどう変わったかが分かりますね。この後でアフターカウンセリングを15分してから終了です。

全身脱毛は自己処理より安全だった

06 4月

セルフ脱毛として、自宅で毛抜きを使って脇やひざ下などの毛を抜くことをしている人もいます。しかしこの方法、思いのほか肌トラブルをまねく原因にもなります。数日経った時に、毛を抜いたところを見てみると、毛根から抜けずに皮膚の中に残ってしまった埋没毛を見かけることがあります。

そのままにしても出てこないし、仕方がないので無理やり抜いたら今度はそこが炎症を起こし、結果黒く色素沈着をしてしまった。他にも毛穴が開き、鳥肌の様なブツブツの肌になってしまった、無理やり抜いた毛穴から出血した等という人は多いのではないでしょうか。しかし毛を抜く方法にもトラブルを回避・軽減する方法はいくつかあります。

例えば脱毛をする前には脱毛する部分を洗って清潔にする、タイミングは風呂上りで肌が柔らかい時に、使用する毛抜きはきちんと消毒しておく、毛を抜くときにはなるべく毛の根元をつまむようにしてムダ毛が途中で切れないようにする、脱毛後はその部分を冷やしてあげ開いた毛穴を速やかに閉じてあげる等です。

使用する毛抜きのつまむ部分がずれていたりとんがっていたりしても、ムダ毛を上手くつまむことが出来ないので、そういったものを使用することは避けた方が良いでしょう。毛抜きのポイントを守り、トラブルを回避・軽減することができれば、毛を抜くことは手軽にできる便利な方法なのです。

ほうれん草と小松菜の違い

14 5月

我が家の夕食でよく使う葉物にほうれん草と小松菜があります。
油で炒めてソテーにしたり、スパニッシュオムレツの中身にしたり、お味噌汁の具にするのが我が家での使い方です。
そして、夕食で残った時には次の日の主人のお弁当のおかずになります。

Read more

ベビーラックを卒業です

13 5月

もう少しで生後三ヶ月になる赤ちゃんを育てています。
上の子の出産のお祝いに友人からプレゼントしてもらったベビーラックを退院後からずっと使っていたのですが、大きくなって狭くなってきたのでベビーベッドをレンタルしました。
上の子の友達のママに聞いて半年間のレンタルをお願いし、昨日の夕方にベッドが届きました。

Read more

夏まつりの水鉄砲発見

11 5月

去年の夏、プレで通っていた幼稚園で夏まつりがありました。
プレの子たちは参加賞として水鉄砲をもらったのですが、大きい子用の水鉄砲だったのでうちの子はまだ使えませんでした。
階段の下の収納にしまっていたのをすっかり忘れていたのですが、久々の掃除で発見しました。

Read more

クレヨンで描いたパパ

10 5月

外で遊ぶのが大好きな子供だったのですが、下の子が産まれてからはすっかりインドアになってしまいました。
外に出るのは近所のスーパーに買い物に行くときだけになり、最近は体を使う外遊びを全然していません。
家にいてもテレビばかりなので、なんとか気を引こうとお絵描き大会を毎日しています。

Read more

またもや雨が降りそう

07 5月

3年前の4月、2月産まれの上の子のお宮参りと記念撮影を予定していました。
当日のスケジュールとしては写真屋さんで写真撮影をした後に水天宮でお宮参りの予定だったのですが、当日は朝からまさかの豪雨。

Read more