ある日、冷蔵庫が汁まみれになっていた

29 4月

休みの日、部屋でパソコンをいじっていた私の耳に、台所にいる母の「えーなにこれ。?」という叫び声が聞こえてきました。

何か一大事かと思って台所に行き「どうしたの。?」と声をかけると、「冷蔵庫の中の物が濡れてる」とのこと。まん中の段に入れている食べ物を取り出そうとしたら妙にべたべたしているので気付いたそうです。

とっさに思い浮かんだのは、私が数日前に買ったまま食べずにコンビニの袋ごと冷蔵庫に入れていた牛乳寒天でした。なので「匂いは?甘い匂いはする?」と聞きましたが、特ににおいはしないとのこと。

自分が買ったものが原因でなかったことに安心して、濡れた冷蔵庫を拭く母を手伝ったのですが…。
さらに数日後、次の休みの日、あの牛乳寒天、賞味期限はいつまでだったのか見ようとしてコンビニの袋を出した時、手がべたっとしました。中の牛乳寒天もべったべたです。

当然袋もべったべたです。
そう、あの汁まみれの冷蔵庫の犯人は私だったのです。

幸い数日前の出来事だし、母は忘れているでしょう。おまけに真実が発覚した時、母は仕事に出ていて留守でした。
とにかくさっさと証拠隠滅しよう、そう思った私は寒天をすぐに食べ、コンビニの袋ごと、ゴミ箱の奥深くに突っ込んだのでした。